ブログカレンダー
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新の記事(TOP10)
 今週末には開業します (4/24)
 狩勝高原エコトロッコ鉄道開業準備中です。 (4/12)
 6月1日から糠平で再び士幌線記念行事 (3/29)
 狩勝峠鉄路110周年記念企画 第2弾 (2/25)
 狩勝峠鉄路110周年記念企画 (2/7)
 ぬかびら鉄道廃線まつり開催中! (1/25)
 トマム - 芽室間災害復旧しました【鉄道復活】 (12/22)
 エコトロッコに標識が増えました! (9/22)
 根室本線「狩勝旧線」の被害状況 (9/12)
 台風10号の去ったあと (9/6)
カテゴリ
 今日の出来事 (39)
 整備員の1日 (50)
 お知らせ (27)
 エコトロッコ (283)
 風花 (79)
 整備員のアルバムから (42)
 エコトロッコ車両製作 (44)
アーカイブス
 2017年04月 (2)
 2017年03月 (1)
 2017年02月 (2)
 2017年01月 (1)
 2016年12月 (1)
 2016年09月 (3)
 2016年08月 (3)
 2016年07月 (4)
 2016年06月 (1)
 2016年05月 (6)
 2016年04月 (2)
 2016年03月 (6)
 2016年02月 (6)
 2016年01月 (2)
 2015年12月 (1)
 2015年11月 (1)
 2015年10月 (3)
 2015年09月 (5)
 2015年08月 (6)
 2015年07月 (3)
 2015年06月 (4)
 2015年05月 (8)
 2015年04月 (6)
 2015年03月 (3)
 2015年02月 (4)
 2015年01月 (5)
 2014年12月 (5)
 2014年11月 (4)
 2014年10月 (6)
 2014年09月 (4)
 2014年08月 (6)
 2014年07月 (4)
 2014年06月 (6)
 2014年05月 (12)
 2014年04月 (10)
 2014年03月 (9)
 2014年02月 (7)
 2014年01月 (11)
 2013年12月 (5)
 2013年11月 (4)
 2013年10月 (5)
 2013年09月 (1)
 2013年08月 (4)
 2013年07月 (4)
 2013年06月 (7)
 2013年05月 (6)
 2013年04月 (10)
 2013年03月 (11)
 2013年02月 (8)
 2013年01月 (5)
 2012年12月 (7)
 2012年11月 (4)
 2012年10月 (4)
 2012年09月 (4)
 2012年08月 (5)
 2012年07月 (10)
 2012年06月 (10)
 2012年05月 (9)
 2012年04月 (7)
 2012年03月 (7)
 2012年02月 (28)
 2012年01月 (16)
 2011年12月 (8)
 2011年11月 (4)
 2011年10月 (10)
 2011年09月 (8)
 2011年08月 (8)
 2011年07月 (7)
 2011年06月 (11)
 2011年05月 (10)
 2011年04月 (8)
 2011年03月 (7)
 2011年02月 (4)
 2011年01月 (11)
 2010年12月 (10)
 2010年11月 (7)
 2010年10月 (14)
 2010年09月 (15)
 2010年08月 (9)
 2010年07月 (13)
 2010年06月 (7)
 2010年05月 (8)
 2010年04月 (6)
 2010年03月 (3)
 2010年02月 (1)
 2010年01月 (2)
 2009年12月 (1)
 2009年11月 (2)
 2009年10月 (2)
 2009年09月 (2)
 2009年08月 (2)
 2009年07月 (2)
 2009年06月 (1)
 2009年05月 (2)
 2009年03月 (1)
 2009年02月 (1)
 2008年12月 (1)
 2008年11月 (1)
 2008年10月 (1)
最近のコメント(TOP10)
リンク



鉄道コム

鉄道ホビダス



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!

ブログ記事検索
 
 
お天気情報
2013年を振り返って
2013年12月31日 20:29
今年も残すところあと数時間となりました。
いろいろありました。忙しかった年でした。
夏の間は予定の無かった日は無かったという感じがします。
今年もトロッコへ足を運んでくれた方々に感謝いたします。
ありがとうございました。

毎年恒例ですが、今年の一年を振り返ってみます。



今年はこの車輪が届いたことから始まりました。
エコトロッコにて電車計画が持ち上がったのが昨年の9月。
いろいろ動き回って車輪を手に入れられたのが今年の1月のことです。



そして冬の間に悪戦苦闘しながらもテスト的に走行ができるまでになりました。
このテスト車両で試運転ができたのも3月の末のことです。
この後、トロッコの開業準備などで忙しくなり、
電車計画はこの時点のまま今年も終わろうとしています。
来年こそはトロッコの線路上で走行できると思います。



あっという間にゴールデンウイークが終わり、
電車計画の関連工事を線路側にも手がけられるようになり、
車庫への正式な分岐器を作りました。これが6月の中のこと。




今年の天気もいい所で悪い日々が続き、お客さんに貸し出すカッパが
足りなくなる日もあったぐらいで、これは電車よりも屋根付トロッコのほうが
先につくらないといけないという話になり、7月の中ごろから製作開始。

そんな作業をしているのもつかの間で、新得町役場で行っている
狩勝高原園地再整備事業のひとつである15インチ鉄道を
お手伝いすることになりました。
その線路敷設もまた天気にやられ、なかなか思うように進まない日々が
続きました。



そして9月のはじめには狩勝の写真展の準備にもう汗が止まりません。



そしてついに15インチ鉄道の車両は完全な完成を前に
お披露目となり、簡易的な運転台と屋根を装備して活躍しました。
この車両が登場した9月のお披露目日は大雨。
この後これではと思い10月14日の鉄道の日まで土日祝のみ
の走行を行ったのでした。

そして気がつけば10月も過ぎ、今期の営業も終了です。



営業が終了してしまいましたが、この10月中の間に、
屋根付トロッコの製作も急いで進行していました。
そしてとりあえずのデビューが営業終了直後の11月2日です。
一歩遅かったです。期待していた方には大変申し訳なく思います。



そしてその後すぐに「北海道鉄道遺産ネットワーク」の総会に出席。
釧路で開催したので、釧路臨港鉄道の車両を見学できました。
釧路臨港鉄道の会の皆様、ありがとうございました。


そして今年の最大のニュースが、旧狩勝線を楽しむ会から
エコトロッコの経営分離です。
これを受け、事務処理などに時間がどんどんとられ、
忙しい日々を送っていてあっという間に師走です。

経営分離しても「エコトロッコ」は来年度も変わらず営業しますし、
新規車両もどんどん登場しますのでご期待ください。
そして来年の2月には「狩勝峠 鉄道写真展」を帯広百年記念館で
行う予定ですので、これらる方は是非いらしてください。
根室本線旧線の落合から新得間の現役時代の写真が並び、
峠越えに活躍した国鉄時代の列車がよみがえります。
しかも新たに写真を提供していただける方が増え、
より充実した内容になりますのでご期待ください。
詳しい日程などはまた、このHPにてお知らせします。

また、狩勝高原エコトロッコ鉄道として鉄道歴史研究を行っています。
研究結果としてひとまず、根室本線旧線(狩勝線)の調査結果を
掲載していますので、よろしかったらご覧ください。 こちら→「鉄道歴史研究」

調査・研究は日々行っていますので、どんどん更新される可能性があります。
もし誤りやお気付きの点があれば「問合せ」から連絡いただけると幸いです。

それでは皆様よいお年を。

(8) 
posted by トロッコ整備員 | 20:29 | 今日の出来事 | comments(0) |
かざはな通信 VOL.62
2013年12月29日 16:01
来シーズンに向け、ATSの製作に励んでいます。




地上子の送信機部分です。全部で11台製作します。






地上子のアンテナ部分。直径10cmの塩ビパイプに線材を100周ほど巻いています。





送信機とアンテナを、地上子のケースに収めました。12cm四方ほどの物です。






受信テスト
 別途製作の受信機とでテストをしました。
 地上子の上を、手にした受信アンテナを思いっきり振り回しました。
 そのスピードの計測がこの写真です。
 飽和出力が、15m秒間が記録されています
 地上子の信号を受信可能な範囲は15cm程
 即ち時速36kmで移動していた。
 まあ足こぎトロッコなら、時速30kmが限度だろうから、
 ATSとして十分機能するのでは無いかと、思うのでした。

 こんな短い時間(ほぼ1/100 秒)に電気信号を受け取り判断出来るかと
 心配していたのですが、まずは一安心。
(5) 
posted by トロッコ電気係 | 16:01 | 風花 | comments(0) |
かざはな通信 VOL.61
2013年12月15日 19:05
昨日今日と雪が降りました。気温もプラスになることも無く、道路はツルツル。
何処にも行かず閉じこもっています。

さて、少し遡るのですが鹿追町の瓜幕中学から北海道拓殖鉄道について
お話をして欲しいとの依頼を受けました。



11月25日午後から1時間、14名の中学1年生や教育委員の方達を前に、パワー
ポイントを使っての講義を増田氏が行いました。






何時間も掛けての拓鉄学習だったみたいです。それを生徒それぞれがレポートに
まとめた物を頂きました。
地元の人たちから、たくさんの話を聞いたみたいですが、増田氏のお話も
しっかりれーポートに記載されていました。

私は、聴講者として勉強させてもらいました。
そこで、初めて知ったこと。
 瓜幕の停車場は、転車台でなくデルタ線で機関車の方向を変えていたと言うこと。
 大変勉強勉強になりました。
(8) 
posted by トロッコ電気係 | 19:05 | 風花 | comments(0) |
Nゲージ 分岐器の選択
2013年12月4日 20:00
前回の続きです。
Nゲージ狩勝信号場のジオラマ設計での分岐器の選択です。
自作できればこんな悩みは無いですが、もともと軌間の縮尺はあっていないので、
クロッシング部やトングレール等でNゲージのフランジを考慮すると
とても正縮尺とはいかないので初めからあきらめてしまう部分です。

で、購入しようとするとはたして「どれがいいのか?」です。
信号場内は8番分岐器ということは聞いているので、
実物の寸法をから購入する分岐器を決めたいと思っています。



一番上から、実物の寸法図、PECOのN 大型ポイント、同じく中型ポイントです。
トングレール先端を基本に線を引いてみました。
なんと!実物はちょうど中間に位置しています。
これは困りました。

次なる比較は、分岐角度です。
実物→約8度 大型ポイント→10度、中型ポイント→14度
中型ポイントは開きすぎです。これは大型ポイントが優勢。

Nゲージの場合、フランジの接触を避けるため(だと思いますが)か
トングレールがやたらと長いです。
トングレールの長さだけでみたら、中型も大型もそう変わりません。

思い切って大型ポイントで行くことにします。




さて次はレールです。
狩勝信号場の現役当時この区間は37kgレールでしたので、
このレールの縦寸法からレールを選択したいと思います。

なんと高さは122mmです。ということはNゲージにすると1mmありません!
枕木の付いた線路で高さが1mm以下の線路など売っていないです。



コード55で1.4mm、コード80が2mm。
これはもうコード55しかありません。

前回の製作で、PECO Nファインが良かったので
悩むほどでもないですが、数値でみるとこんな感じなんですね。


ちなみにレール単体でコード40というのがありますが、
これでも1mmの高さです。
さらに、50 kgNレールでも153mmですから
2mmというのは相当なオーバースケールになっているようです。
しかしそこは模型。それなりに見えればOKということで。


これで、線路と分岐器の検証は終了です。
分岐器の全長の違いで正縮尺ではあわない部分がでてきますので
これをうまい具合にごまかしてデフォルメして
作って行こうと思います。


(7) 
posted by トロッコ整備員 | 20:00 | 整備員の1日 | comments(2) |
狩勝信号場Nゲージジオラマ再び!
2013年12月3日 01:13
昭和41年9月30日限りで廃止になってしまった、
根室本線旧線の落合−狩勝信号場−新内−新得間ですが、
廃止時期が古いので、詳細な写真はあまり残っていません。

しかし現役時代に撮影に来られた方々から参考になる写真を
いろいろと見せていただくことが出来たことと、
図書館、空中写真などなどいろいろな面から少しずつですが、
細かい情報を得ることが出来てきています。

そんな中で特に興味を引いたのが「狩勝信号場」です。
昔の日本にはよくあったスイッチバック式の信号場です。
場内の感じは、今でもその形態がよくわかる
常紋信号場をもっと規模を大きくした感じの場所でした。

場所は狩勝峠の西側(落合側)に位置し、
この旧線の狩勝峠のほぼサミット的位置にありました。

これをNゲージにて模型化すべく、2010年に旧狩勝線ミュージアムにて
ある程度作りこみましたが、わけあって最後まで作ることができなくなりました。

あれから4年が経過し、あの時よりももっと情報が増え、
もっと正確にスケールダウンして作れそうだと思いました。
そこで展示場所はあとで考えるとして、再度この「狩勝信号場」を
Nゲージで再現を復活させたく思います。



それで早速、この4年間で得た情報からまずは手書きで図面を書いています。
しかし、時代の違う資料からは矛盾も生じ、図面の完成はまだ先になりそうです。
上の図面は現在の情報の範囲での手書き図面です。
間違っているかもしれませんので、参考程度に見てください。

しかし信号場は大きいです。
待避線から折り返し線の先まで入れると1.5kmほどになり、
Nゲージにそのまま縮尺すると全長10メートルにもなります。
そんなの置く場所ないですよね。




信号場手前から狩勝トンネルまで通過線のみの図面です。
信号場中心から1mちょっと手前でカーブが終わっています。
これをポイントだと考えるとほかもつじつまがあいます。

半径301mのカーブで入り、信号場から狩勝トンネルまでの
カーブにもR301、R241と2種類あることがわかります。
現地に行くとぜんぜんそんな感じがしません。




狩勝トンネルの断面図。
これは昭和28年の改修工事の記録から取ったものですので
かなり正確な数字だと思います。(カッコ内はNゲージの寸法)


これらをもとに、じわじわ作成を開始していきたいと思います。

(9) 
posted by トロッコ整備員 | 01:13 | 整備員の1日 | comments(0) |