営業日カレンダー
2017年度の営業は終了しました。
ご利用ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いします。

問合せ
電話による問合せ
 080-1882-3434(専用)

メールによる問合せはこちら
エコトロッコニュース
今年も無料循環バスが今年も運転されます。列車で来て無料バスでエコトロッコに行ける。詳しくはこちら
都合により2016年6月から7月15日までと9月は土日祝のみの営業に変更になりました。大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。よろしくお願いします。
無料循環バスが今年も運転されます。列車で来てバスでエコトロッコに行けるし、しかも100円引きになります。詳しくはこちら
狩勝旧線の散策に便利なガイドブックが新発売!。エコトロッコの受付にて販売いたします。通信販売も行っています。詳しくはこちら
無料循環バスが運転されます。列車で来てバスでエコトロッコに行けるし、しかも100円引きになります。詳しくはこちら
今年もやります、しん得〜ポン
泊まってSTAY嬉(ステキ)★キャンペーン!
昨年から行った缶バッジコレクションの第二弾ができました。
今年も集めてトロッコ巡りをしよう〜
好評の「狩勝峠 鉄道写真展」がついに札幌で開催されます。
場所は札幌ファクトリーです。
詳しくは専用ページをご覧ください
狩勝峠 鉄道写真展 専用ページ
帯広百年記念館での写真展は本日で終了しました。
たくさんの方のご来場ありがとうございました。
次回の帯広百年記念館での開催は10月頃を予定しています。
ご期待ください。
根室本線旧線狩勝峠越の写真展を開催します。
場所は帯広百年記念館です。
詳しくは専用ページをご覧ください
狩勝峠 鉄道写真展 専用ページ
鉄道歴史研究のページを増やしました
PC版
対応はPC版のみですが
まずは「狩勝高原・新内地区の概歴」
とトロッコのある新内駅の研究です。
これからどんどん増やしていきます。
狩勝高原エコトロッコ鉄道
のHPができました。
これからもよろしくお願いします。
エコトロッコに待望の屋根付車両が登場しました。
これで雨の日もOK!
詳細はこちら
缶バッジプレゼント企画
初回の購入費用200円だけで次からの乗車時に缶バッジが無料でもらえます!
トロッコめぐりして缶バッジを集めよう!詳細はこちら
新得町内のお店



リンク集












にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!


現在のエコトロッコに在籍している車両を紹介します。



「1号車」
2008年の開業時からある車両です。
しかしながら開業時からかなり安全対策などの改造を受けています。
歴史あるエコトロッコの代表的な車両。
もともとエンジンなどなく、純粋なる足漕ぎ軌道自転車でした。
車輪はプレス車輪を使用。ブレーキは左右両方についていてレーバー式で手前に引けばかかります。





「2号車」
1号車と同じく2008年の開業時からある車両です。
開業時から3号車を入手する間の3年間、1号車とペアでエコトロッコを支えていました。
同じく開業時からかなり安全対策などの改造を受けています。
もともとはエンジン+ペダル付き軌道自転車で1号車とは構造が違います。
また、1号車とは違い、前の車輪を駆動して走ります。なのでペダルからのチェーンは前方へ張られています。
車輪は鋳物車輪を使用。ブレーキはペダル式で左側に乗車した方のみがかけられる構造です。
ただしこの形の特徴として、全部の車輪にブレーキが利きます。(1号車タイプは後輪のみ)
2016/4/25現在、写真の状態で道南トロッコ鉄道へ貸し出し中です。





「3号車」(上茶路号)
2011年に国鉄白糠線(1983年廃止)の上茶路駅にあったものを譲り受けました。
エコトロッコの混雑緩和のためすぐに整備され同じ年の9月1日から営業運転に入りました。
しかしながら2014年9月にブレーキ系統の故障のため休車。
同じ年の10月から車体を新規作成し、2014年11月27日に見事復活しました。
2015年からは新しい3号車に乗車することができます。
ブレーキレバーは今までの引くタイプから実物の鉄道車両と同じ感覚でかけられる
横に回すレバーに変更しましたので、かなり運転手気分でブレーキ操作ができると思います。





「4号車」特急おおぞら号(旧川湯号)
2010年に川湯駅にあったものを譲り受けましたが、営業路線に登場したのは2011年になってからでした。
2号車を手本に同じように改造を受けて営業運転を行っています。
もともとはエンジン+ペダル付き軌道自転車で2号車とタイプは同じですが、細部には違いがあります。
車輪は鋳物車輪を使用。ブレーキはペダル式で2号車と同じで左側に乗車した方のみがかけられる構造です。
バンパーの取り付け工事が実施された2013年にタブレットホルダーや警笛などが移設される
大きい改造をさらに受けています。
2016年8月7日に車体更新が完了し営業線で活躍し始めました。
新4号車は国鉄時代に作られ狩勝峠の旧線も走った特急「おおぞら」の
キハ82系をモデルに作られています。






「5号車」(上茶路号)
3号車と同じ2011年に国鉄白糠線(1983年廃止)の上茶路駅にあったものを譲り受けました。
急いで整備され2011年8月7日にデビュー。
この5号車のデビューにより、エコトロッコのトロッコも総勢5両になりました。
この5両で2013年まで営業運転が続きます。
5両になったので、繁忙期以外はまんべんなくトロッコを使用することが出来、
休めるトロッコが出たことで落ち着いて整備ができるようになり、
より安全なトロッコに乗車できるようになりました。





「6号車 モデルトレインシリーズ第1弾」(EF65あさかぜ号)
もともとは5号車などと同じ上茶路から譲り受けた車両で2号車と同じタイプの車両でした。
雨の日にはカッパをお貸しして乗車しておりますが、せめて屋根があればということで、
エコトロッコ初の屋根付車両になりました。営業路線へのデビューは2014年度からになる予定です。

屋根付がほしいと思ってから何年が過ぎたかわかりませんが、スタッフ一同とてもうれしく思ってます。
形は国鉄を代表する特急寝台列車の先頭を飾ったEF65の500番台をモデルに作られています。
できれば屋根付をもう1両ということで、

「エコトロッコ モデルトレインシリーズ」として次の屋根付も何かの車両をモデルに改造して製作します。
これは「モデルトレインシリーズ 東海道編」の第一弾としてEF65を登場させましたので、
次も東海道編の第二弾になる予定です。 お楽しみに。





「7号車 モデルトレインシリーズ第2弾」(国鉄111系)
上茶路から譲り受けた車両で2号車と同じタイプの車両を現在改造中です。
「モデルトレインシリーズ」第2弾として、6号車で「EF65あさかぜ」だったので、
同じ東海道を走った仲間の111系湘南色です。
やはりトロッコの場合運転席がかなり車端に寄ってしまうため、
パノラミックウインドウが付いた運転席の車両が理想的な視界になります。
キハ82という話もでましたが、ヘッドライト付近の形態が今の技術では製作は困難です。
いずれ製作技術が向上し、あのような複雑な形が製作できるようになったら
キハ82を仲間に入れたいと思っています。

デビューは2014年8月を予定しています。ご期待ください。
今期のデビューは難しくなりました。時期が決まり次第公表しなおします。