ブログカレンダー
2012年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新の記事(TOP10)
 士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋 (6/11)
 北海道ラウンドきっぷ 発売開始です! (5/29)
 久々に狩勝旧線跡地へ (5/15)
 狩勝高原の梅はまだ咲いてなかったです (5/9)
 エコトロッコの新内駅もさくらが開花です! (5/6)
 さあ、ゴールデンウイークです! (5/2)
 今週末には開業します (4/24)
 狩勝高原エコトロッコ鉄道開業準備中です。 (4/12)
 6月1日から糠平で再び士幌線記念行事 (3/29)
 狩勝峠鉄路110周年記念企画 第2弾 (2/25)
カテゴリ
 今日の出来事 (40)
 整備員の1日 (51)
 お知らせ (29)
 エコトロッコ (285)
 風花 (79)
 整備員のアルバムから (42)
 エコトロッコ車両製作 (44)
アーカイブス
 2017年06月 (1)
 2017年05月 (5)
 2017年04月 (2)
 2017年03月 (1)
 2017年02月 (2)
 2017年01月 (1)
 2016年12月 (1)
 2016年09月 (3)
 2016年08月 (3)
 2016年07月 (4)
 2016年06月 (1)
 2016年05月 (6)
 2016年04月 (2)
 2016年03月 (6)
 2016年02月 (6)
 2016年01月 (2)
 2015年12月 (1)
 2015年11月 (1)
 2015年10月 (3)
 2015年09月 (5)
 2015年08月 (6)
 2015年07月 (3)
 2015年06月 (4)
 2015年05月 (8)
 2015年04月 (6)
 2015年03月 (3)
 2015年02月 (4)
 2015年01月 (5)
 2014年12月 (5)
 2014年11月 (4)
 2014年10月 (6)
 2014年09月 (4)
 2014年08月 (6)
 2014年07月 (4)
 2014年06月 (6)
 2014年05月 (12)
 2014年04月 (10)
 2014年03月 (9)
 2014年02月 (7)
 2014年01月 (11)
 2013年12月 (5)
 2013年11月 (4)
 2013年10月 (5)
 2013年09月 (1)
 2013年08月 (4)
 2013年07月 (4)
 2013年06月 (7)
 2013年05月 (6)
 2013年04月 (10)
 2013年03月 (11)
 2013年02月 (8)
 2013年01月 (5)
 2012年12月 (7)
 2012年11月 (4)
 2012年10月 (4)
 2012年09月 (4)
 2012年08月 (5)
 2012年07月 (10)
 2012年06月 (10)
 2012年05月 (9)
 2012年04月 (7)
 2012年03月 (7)
 2012年02月 (28)
 2012年01月 (16)
 2011年12月 (8)
 2011年11月 (4)
 2011年10月 (10)
 2011年09月 (8)
 2011年08月 (8)
 2011年07月 (7)
 2011年06月 (11)
 2011年05月 (10)
 2011年04月 (8)
 2011年03月 (7)
 2011年02月 (4)
 2011年01月 (11)
 2010年12月 (10)
 2010年11月 (7)
 2010年10月 (14)
 2010年09月 (15)
 2010年08月 (9)
 2010年07月 (13)
 2010年06月 (7)
 2010年05月 (8)
 2010年04月 (6)
 2010年03月 (3)
 2010年02月 (1)
 2010年01月 (2)
 2009年12月 (1)
 2009年11月 (2)
 2009年10月 (2)
 2009年09月 (2)
 2009年08月 (2)
 2009年07月 (2)
 2009年06月 (1)
 2009年05月 (2)
 2009年03月 (1)
 2009年02月 (1)
 2008年12月 (1)
 2008年11月 (1)
 2008年10月 (1)
最近のコメント(TOP10)
  •  士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋
       ⇒ トロッコ整備員 (6/15)
  •  士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋
       ⇒ 福島の鉄ちゃん (6/15)
  •  トマム - 芽室間災害復旧しました【鉄道復活】
       ⇒ トロッコ整備員 (12/29)
  •  トマム - 芽室間災害復旧しました【鉄道復活】
       ⇒ ナツコ (12/27)
  •  根室本線「狩勝旧線」の被害状況
       ⇒ トロッコ整備員 (9/13)
  •  根室本線「狩勝旧線」の被害状況
       ⇒ 五十嵐 (9/13)
  •  24年前の国鉄佐久間線
       ⇒ トロッコ整備員 (9/5)
  •  24年前の国鉄佐久間線
       ⇒ ねこねこ (9/4)
  •  またも台風がやってくる!
       ⇒ トロッコ整備員 (9/2)
  •  またも台風がやってくる!
       ⇒ ナツコ (9/1)
リンク



鉄道コム

鉄道ホビダス



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!

ブログ記事検索
 
 
お天気情報
2012年を振り返って
2012年12月29日 18:10
2012年の今年も残すところあとわずかです。

今年の出来事を振り返ってみよう思い
何かと話題の多い「エコトロッコ」とそれ以外の
「会としての活動」の上下二本立てでいきたいと思います。


今年も思い起こせばいろいろとありました。
4月過ぎても雪がとけていく気配が無く
これは間に合わないと判断して除雪。なんとか開業に間に合わせました。


普通の家庭では充分な威力のエンジン除雪機も
ここでは非力に見えます。



そしてこのトロッコのトンネルの崩壊。
これは非常に痛かった。それでも開業までになんとか再生、
6月には立派な入口が完成。(^o^)丿
壊れる前よりかなり良くなるという
ココ狩勝高原エコトロッコではよくある話です。





また新内駅長の奥田氏による信号機やポイントの動作の制御機器を
コンピュータ制御に変更し、ハイテクトロッコ施設に変身しました。


この変更工事も雪にはばまれ、機器箱を掘り出してからの作業となり
エコトロッコの運営には体力が一番だと思わされたのでした。



トロッコの流れをスムーズにするために、さらに信号機を追加。
(左にあるのが追加した信号機です)




8月後半には、念願だった遮断機付自動踏切が完成!
これで短絡線の内側の芝生部分にお客さんも安全に入れるようになり、
またトロッコに乗っている人も踏切通過が楽しめます。
(これ全部自作なんですよ〜)



受付関係では、記念乗車券(硬券)に乗車日付を印字していたんですが、
この印字機が本物の印字機(ダッチングマシン)になりました。
これが、この先いろいろな話題の対象になりました。




取材も毎年多くありますが、今年も多かったです。
矢野直美さんが取材で2回も訪問してくださいました。
これは鉄道雑誌とNHKでの取材でした。



テレビでは「TV東京」の放映が大きかったです。
このとき踏切遮断機の製作が間に合わなかったのが悔やまれます。


今年の力仕事での最後は受付付近とトロッコ留置線の線路延長です。
やはり力仕事で始まって力仕事で終わる。
これエコトロッコのきまりみたいなものですね。

そして今年度は2008年のトロッコ営業開始から4年目にして
ついに年間乗車人数が一万人を越えました。
これが今年一番のビッグニュースかもしれません。


狩勝高原エコトロッコ鉄道ご利用の皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。
さて、来年はどんなものが飛び出すか、ご期待ください。
(13) 
posted by トロッコ整備員 | 18:10 | 今日の出来事 | comments(0) |
かざはな通信 VOL.45
2012年12月24日 19:07
今日は、この冬一番の冷え込みでした。





寒い日は天気が好い。   本日24日のお昼の天気と気温






NHKのデーター放送 

明日の朝も冷え込みそうです。

15時で −8℃の予報ですが・・・・






15時過ぎの気温は、もうすでに −18℃ 

もっとも、室温25℃での自宅勤務?の私にとっては、窓に映る風景は、
テレビの画面と同じです。虚像の様でしかありません。
(7) 
posted by トロッコ電気係 | 19:07 | 風花 | comments(0) |
豊後森の機関庫
2012年12月21日 22:14
1983年の3月に九州を旅行中、豊後森駅で降りてみました。
このとき立派な機関庫があったのを思い出し、早速ネット検索。


1983年3月の豊後森機関庫


あれから30年のときが流れ、どうなっているかと思ったら
ガラスは割れ、線路は無くなっている画像が多く検索され思わずがっかり。

ただ、取り壊されていないのがよかったと思いました。
よく調べると、「豊後森機関庫保存委員会」があるようで
この先も壊されることはなさそう。
しかも「原形のまま残る機関庫としては九州唯一」だそうで、
これはもう大切に保存する以外なさそうな感じです。

説明文はこちら → 「豊後森機関庫



私が行った1983年は機関庫としては機能していないまでも
まだ線路があり、中にキハ07-41 が留置されていました。
このときは国鉄時代で機関庫のそばにあった建物に行き、
職員の方に許可を得て見学させていただきました。
構内はまだ線路が多く、DE10、50系客車や貨車も数多くとまっていました。



まだまだ現役のDE10をこんな間近で撮影できることに感動したと同時に
見学許可をくれた職員の方に感謝です。
真正面、真横とあらゆる角度から撮影しました。



国鉄時代の豊後森の駅名標です。



ちょうど駅へ入ってきた列車を撮影した一枚。
50系客車と旧型客車が混ざった編成ですが、
たしか旧型客車は荷物用に連結されているだけで
こちらには乗車できなかったような記憶がありますが、あまりあてになりません。

本当は宮原線(現在廃線)に乗車したかったのですが、
あまりの本数の少なさに時間が合わず退散したのでした。
今思うと無理にでも乗車すればよかったと後悔です。
(9) 
posted by トロッコ整備員 | 22:14 | 整備員のアルバムから | comments(0) |
西武山口線とユネスコ村
2012年12月18日 22:36
西村さんの「今日の壱枚」にある丸瀬布の写真を見ていて思い出したのが、
西武山口線なのですが、西武山口線といえばユネスコ村です。
昭和51、2年頃に行って以来です。


当時は二子玉川園や多摩川園、ドリームランドなどなど
いろいろな遊園地系があった時代です。
それらも次々と閉園していっているようですので、
ユネスコ村ももしかしてと思って調べてみると、
やはりとっくに無くなっていました。

当時のネガを探しました。
スキャナーでスキャンしてみるとこんな古いネガでも
案外きれいに出るものですね。


昭和51年もしくは52年頃の西武山口線です。



車窓風景です。二枚並んでいます。
これはハーフサイズのカメラで撮影しています。
一眼カメラなんて自分にとっては夢の時代。

カメラのメーカや型番など記憶になかったので
ちょっと調べましたが、どうもリコーのオートハーフというカメラだったようです。


自分の持っていたカメラの写真はこれ一枚しかありません。
12枚撮りのフィルムを使うと24枚撮影できるという
貧乏人にとっては重宝したカメラでした。(フィルム代節約)



ユネスコ村付近の案内図



園内の写真をちょっとだけ。
ムシロのようなものに刺して売っているキャンディーが時代を感じさせます。



園内にあった保存展示の蒸気機関車ですが、
形式などわからずです。写真のみ。

(7) 
posted by トロッコ整備員 | 22:36 | 整備員のアルバムから | comments(0) |
かざはな通信 VOL.44
2012年12月17日 00:39



またまた除雪車の添乗でした。今シーズン4回目。
5時から除雪作業に入るのが標準なのですが、今日は積雪がさ程でも無く、
結局作業開始は、6時半。
それでも午前中で作業終了のはずが、時間と共に降雪が強くなり、先行除雪車の
作業跡も確認できない状態の降雪。
遅い15時からの昼食後、再度の除雪に出発。合計300km 12時間の作業でした。帰宅は21時。

それで結局、選挙の投票には行けず残念でした。


  


除雪車のサイドミラーに写った、筆者の仕事?風景




途中目にした、電線への着雪の様子。 電線に竹輪でなく、バームクーヘン
の様でした。
 トムラウシ温泉への途中は、沢山の着雪で木の枝が、大きく垂れ下がってきています。
大きな車の通行を妨げる状態です。
しかし、国立公園内なので、めったやたらと木を切ることもできず、困っています。 また、アイスバーンで危険な場所は、融雪剤を撒いたりしますが、
これも、自然保護ゆえ、砂撒きしか出来ません。

前回の、スパイクタイヤの提案に次ぐ私の考察その2.
 機関車の滑り止めとして、砂を撒きます。
それにヒントを得て、自動車もABS(アンチロックブレーキ)が働くと
自動的に砂を撒くシステムは、いかがでしょうか。
 砂撒きは、古い蒸気機関車の時代だけでは有りません。 青函トンネルや
最新の新幹線でも、制動距離の短縮のためにセラミック粉が使われていると聞きます。

 市街地などでは、交差点がアイスバーンになり大変滑りやすいです。
そのため、自ずとABSが働き、砂が撒かれるために、除雪業者が危険箇所に
別途砂まきをする必要が無く、常に砂が撒かれた状態が維持される。
 これも! 前回に続き、グッドアイデアだと思うのですが。
(6) 
posted by トロッコ電気係 | 00:39 | 風花 | comments(0) |

ページ: 1 2