ブログカレンダー
2011年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新の記事(TOP10)
 士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋 (6/11)
 北海道ラウンドきっぷ 発売開始です! (5/29)
 久々に狩勝旧線跡地へ (5/15)
 狩勝高原の梅はまだ咲いてなかったです (5/9)
 エコトロッコの新内駅もさくらが開花です! (5/6)
 さあ、ゴールデンウイークです! (5/2)
 今週末には開業します (4/24)
 狩勝高原エコトロッコ鉄道開業準備中です。 (4/12)
 6月1日から糠平で再び士幌線記念行事 (3/29)
 狩勝峠鉄路110周年記念企画 第2弾 (2/25)
カテゴリ
 今日の出来事 (40)
 整備員の1日 (51)
 お知らせ (29)
 エコトロッコ (285)
 風花 (79)
 整備員のアルバムから (42)
 エコトロッコ車両製作 (44)
アーカイブス
 2017年06月 (1)
 2017年05月 (5)
 2017年04月 (2)
 2017年03月 (1)
 2017年02月 (2)
 2017年01月 (1)
 2016年12月 (1)
 2016年09月 (3)
 2016年08月 (3)
 2016年07月 (4)
 2016年06月 (1)
 2016年05月 (6)
 2016年04月 (2)
 2016年03月 (6)
 2016年02月 (6)
 2016年01月 (2)
 2015年12月 (1)
 2015年11月 (1)
 2015年10月 (3)
 2015年09月 (5)
 2015年08月 (6)
 2015年07月 (3)
 2015年06月 (4)
 2015年05月 (8)
 2015年04月 (6)
 2015年03月 (3)
 2015年02月 (4)
 2015年01月 (5)
 2014年12月 (5)
 2014年11月 (4)
 2014年10月 (6)
 2014年09月 (4)
 2014年08月 (6)
 2014年07月 (4)
 2014年06月 (6)
 2014年05月 (12)
 2014年04月 (10)
 2014年03月 (9)
 2014年02月 (7)
 2014年01月 (11)
 2013年12月 (5)
 2013年11月 (4)
 2013年10月 (5)
 2013年09月 (1)
 2013年08月 (4)
 2013年07月 (4)
 2013年06月 (7)
 2013年05月 (6)
 2013年04月 (10)
 2013年03月 (11)
 2013年02月 (8)
 2013年01月 (5)
 2012年12月 (7)
 2012年11月 (4)
 2012年10月 (4)
 2012年09月 (4)
 2012年08月 (5)
 2012年07月 (10)
 2012年06月 (10)
 2012年05月 (9)
 2012年04月 (7)
 2012年03月 (7)
 2012年02月 (28)
 2012年01月 (16)
 2011年12月 (8)
 2011年11月 (4)
 2011年10月 (10)
 2011年09月 (8)
 2011年08月 (8)
 2011年07月 (7)
 2011年06月 (11)
 2011年05月 (10)
 2011年04月 (8)
 2011年03月 (7)
 2011年02月 (4)
 2011年01月 (11)
 2010年12月 (10)
 2010年11月 (7)
 2010年10月 (14)
 2010年09月 (15)
 2010年08月 (9)
 2010年07月 (13)
 2010年06月 (7)
 2010年05月 (8)
 2010年04月 (6)
 2010年03月 (3)
 2010年02月 (1)
 2010年01月 (2)
 2009年12月 (1)
 2009年11月 (2)
 2009年10月 (2)
 2009年09月 (2)
 2009年08月 (2)
 2009年07月 (2)
 2009年06月 (1)
 2009年05月 (2)
 2009年03月 (1)
 2009年02月 (1)
 2008年12月 (1)
 2008年11月 (1)
 2008年10月 (1)
最近のコメント(TOP10)
  •  士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋
       ⇒ トロッコ整備員 (6/15)
  •  士幌線ジオラマ展示 in 糠平温泉中村屋
       ⇒ 福島の鉄ちゃん (6/15)
  •  トマム - 芽室間災害復旧しました【鉄道復活】
       ⇒ トロッコ整備員 (12/29)
  •  トマム - 芽室間災害復旧しました【鉄道復活】
       ⇒ ナツコ (12/27)
  •  根室本線「狩勝旧線」の被害状況
       ⇒ トロッコ整備員 (9/13)
  •  根室本線「狩勝旧線」の被害状況
       ⇒ 五十嵐 (9/13)
  •  24年前の国鉄佐久間線
       ⇒ トロッコ整備員 (9/5)
  •  24年前の国鉄佐久間線
       ⇒ ねこねこ (9/4)
  •  またも台風がやってくる!
       ⇒ トロッコ整備員 (9/2)
  •  またも台風がやってくる!
       ⇒ ナツコ (9/1)
リンク



鉄道コム

鉄道ホビダス



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!

ブログ記事検索
 
 
お天気情報
かざはな通信 VOL.32
2011年12月25日 11:40
昨日から、新得山スキー場も営業開始。

ここ数年では一番早いオープンでしょうか





何気なく窓の外を見ていると、
トナカイならぬ、犬ぞりでサンタさんがやって来ました。




そりを降りたサンタさんは、プレゼントの詰まった大きな袋を肩に保育所へ
(5) 
posted by トロッコ電気係 | 11:40 | 風花 | comments(0) |
新狩勝隧道の長さ
2011年12月23日 17:34
旧狩勝線を楽しむ会ですが、新狩勝線についても楽しんでします。
会員でトロッコ担当の西村氏もまた、この新狩勝線の撮影ポイントを
攻略しようと日々活躍しています。(今日の壱枚参照)

というわけで今日は、新狩勝隧道について少し。
狩勝新線の新狩勝隧道は昭和41年に開通し現在ももちろん使用中ですが、
鉄道のトンネルとしては珍しい二股トンネルです。

このトンネルの中で落合側から来た根室本線とトマム側から来た石勝線とが
合流しています。そのトンネル内の合流地点が上落合信号場です。

さて、この二股トンネルの長さはいったいどう考えればいいのでしょうか。
二股に分かれた先二本分の長さと単線区間の長さを合計した長さを
言うのが正しいのでしょうか?
こういったことにそれほど詳しくないので、なんともいえません。

ウィキペディアによると、“長さは5,790mで”と記載されています。



上の図は鉄道ジャーナルの1971年2月号に載っていた記事で、
長さは、5,656m と書かれています。
この時代はまだ石勝線が開通していない時代の記事ですので、
片方の長さが記載されているのでしょうか。
上図によると、
単線部分:4739.20m
複線部分:763m
分岐後の単線部分:153.80m
これらの合計は、確かに5,656mです。
ちなみに、旧狩勝線の音が入ったシングルレコードの車内での録音に
旧狩勝線が廃止になる旨の車掌さんの放送が入っていますが、
“5,656mの北海道一長い新狩勝トンネルを通る新しい線路に切り替わります”
と言っています。やはり、5,656mでいいのでしょうか。

ウィキペディアに記載されている長さとはずいぶん違いますね。
その差は134mです。
鉄道ジャーナルも旧狩勝線での車内放送も石勝線開通前なので、
石勝線部分が引いてあるのでしょうか。
そうなると分岐後の石勝線部分の単線トンネルの長さが134mということになってしまいます。



上図は、トロッコの松尾さんにいただいた図面ですが、
新狩勝トンネルの長さは、5,647.67mと記載されています。
これはもうどれが正しいのかわかりません。
一番信用できそうなのが、上図の保線で使用していた図面と思います。
こうなると、鉄道ジャーナルでの5,656mというのとまた差がでてしまいますね。



これは同じ図面の出口の図面です。
新狩勝トンネルの出口はスノーシェッドの覆われています。
出口のキロ程がかかれていませんが、落上16号のキロ程が出口と同じと思われます。
このキロ程が120k390m05で、入口が114k751m00ですね。
これを引き算すると、5,639.05mになります。上記の5,647.67mともまた差があります。

今のところ一番有力なのが、保線の図面の 5647.67mです。
上の図の松尾さんのメモによれば、これは石勝線側から計った長さのようで、
根室本線側としては、5,639.05mのようですね。

結局わからないままで申し訳ありませんが、
まだまだ研究が必要なようです。
(5) 
posted by トロッコ整備員 | 17:34 | 整備員の1日 | comments(2) |
旧狩勝線 狩勝峠からの眺望
2011年12月20日 20:31
狩勝峠の展望台からの眺めですが、
旧狩勝線がどのあたりを通っていたのか。
付近は木が生い茂り、その全容がなかなか見えないですね。
しかし秋にもなれば、ハエタタキが見えたり大カーブの一部が見えたりします。

そこでルートを良く知らない人へ参考までに
パソコンのソフトにて作成した狩勝峠からの眺めで
旧狩勝線ルートを記載したものを紹介します。


図中の124k500mと記載されているところが大カーブ付近です。
実は新内駅も見えています。
右の端に阿寒の山々が見えていますが、これはよほど天気がよくないと見えません。
もし、狩勝峠に行って阿寒が見えたらラッキー!
新内隧道は山の陰に隠れて見えません。



これは実際の狩勝峠から撮影した写真ですが、
右に阿寒の山々が見えています。
上の地図画像と見比べてみてください。



これは参考までに反対側から見た景色ですが、
相当高い位置からの図ですので、実際にこのような風景を見るためには
飛行機などに乗らないと無理です。

複雑な線形で狩勝峠に向かって行く、旧狩勝線がわかると思います。
明治の時代にこれを作れたのはすごいことだと思います。
(9) 
posted by トロッコ整備員 | 20:31 | 整備員の1日 | comments(0) |
Nゲージ蒸気機関車 D51を狩勝仕様へ
2011年12月19日 00:32
だいぶできました。
次なる製作物があるので、車両の改造はこれでいったん中止します。


左は元のD51498 右側が狩勝仕様への改造後です。
0.2mm真鍮線を購入しました。
つらら切りなどつけてみましたが、運搬中に壊れそうですね。
正面のナンバーは、元のナンバーをはずしてパテ埋めし
その後で銀河モデルのパーツをつけてあります。



キャブ部分。ナンバー、バタフライスクリーン、タブレットキャッチャー、密閉キャブ。



そしてテンダー。今回はテールライトを改造するのはやめました。
次の1台では行うつもりです。
乗降ハシゴは元のハシゴを生かして、
0.2mm真鍮線で作って上から貼り付けてあります。
曲げるのが大変で、納得のいく形になっていませんが仕方ありません。

これだけ改造していろいろなパーツをくっつけると
リアルラインのD51の値段が納得いくかもしれません。



今回使ったエッチングプライマーですが手元になく、
家の中を探し回って発見したので使ってみました。
何と有効期限が平成4年10月1日です。
いったいいつ買ったのでしょうか。
確かに、エコーモデルに最後に行ったのは20年くらい前です。
よくぞ今まで...........
そういえば、昨年からのレイアウト製作などで使っていた
塗料などは、言われてみれば20年くらい前に買ったものですね。

他にないので、強引に使ってみました。なんとか大丈夫なようです。
でももしかしたら、本来のエッチングプライマーの機能は
無くなっているかもしれませんね。
(3) 
posted by トロッコ整備員 | 00:32 | 整備員の1日 | comments(0) |
東急 こどもの国線 いろいろ
2011年12月16日 10:38
前回の藤が丘の話題の時に探していて出てきた写真の中から
こどもの国線の写真を見て、なつかしく思いちょっと悪乗りで掲載してみました。

小学生時代遠足といえば必ずやこどもの国でした。
貸切で臨時列車がでることもありました。
現在の運用などはわかりませんが、当時こどもの国線は
長津田とこどもの国を往復する運用しかなかったと思います。
これが、小学校の遠足の貸切列車でいくと田園都市線から
直通してこどもの国に行けるので、遠足そのものよりも
その列車の運行状況に釘付けなのでした。


1977年の遠足の時に撮影したものだと思いますが、ちょっとあやふやです。
場所は長津田駅のこどもの国線用ホームです。
出来立てのホヤホヤなのでしょうか、ホームや線路がやたらときれいです。
こんなに古いけど唯一カラーなのです。



1982年ころだと思うのですがこれもまたはっきりしません。
長津田で撮影ですが、この日は専用車両はお休みで、
5000形が運行を担当していました。



1980年代だと思うのですが、6000形が担当していた頃もありました。
6000形時代はそんなに長くなかったと思います。



アルミカーの7200形。これはしばらくこのままだたように思います。



この日はまた5000形が担当。5両編成だったと思います。



こどもの国線といえば、長津田車両工場ですね。
1980年前後だと思いますが、なにやら古い車両が機関車に連れられてきました。
この数日後、解体されてしまいました。
この日までどこにしまってあったのでしょうか。
かなり朽ち果てているようですね。

(4) 
posted by トロッコ整備員 | 10:38 | 整備員のアルバムから | comments(0) |

ページ: 1 2