ブログカレンダー
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新の記事(TOP10)
 トロッコ車庫の雪下ろし (2/1)
 【瀬棚線資料室】を見学してきました (11/11)
 今季の営業は終了しました。ありがとうございました! (11/6)
 週末は陸別がおすすめ! (9/17)
 そうだ!幸福駅に行こう! (7/26)
 鉄道アイドル「木村裕子さん」エコトロッコに! (7/21)
 国道38号狩勝峠5合目にビュースポット誕生! (6/26)
 エコトロッコも平成から令和へ (4/30)
 GWの計画は決まりましたか? (4/24)
 本年の開業日まであと一週間です (4/21)
カテゴリ
 今日の出来事 (44)
 整備員の1日 (51)
 お知らせ (39)
 エコトロッコ (296)
 風花 (79)
 整備員のアルバムから (42)
 エコトロッコ車両製作 (44)
アーカイブス
 2020年02月 (1)
 2019年11月 (2)
 2019年09月 (1)
 2019年07月 (2)
 2019年06月 (1)
 2019年04月 (4)
 2018年09月 (1)
 2018年08月 (1)
 2018年07月 (1)
 2018年06月 (1)
 2018年01月 (3)
 2017年12月 (1)
 2017年11月 (2)
 2017年09月 (1)
 2017年08月 (2)
 2017年07月 (1)
 2017年06月 (1)
 2017年05月 (5)
 2017年04月 (2)
 2017年03月 (1)
 2017年02月 (2)
 2017年01月 (1)
 2016年12月 (1)
 2016年09月 (3)
 2016年08月 (3)
 2016年07月 (4)
 2016年06月 (1)
 2016年05月 (6)
 2016年04月 (2)
 2016年03月 (6)
 2016年02月 (6)
 2016年01月 (2)
 2015年12月 (1)
 2015年11月 (1)
 2015年10月 (3)
 2015年09月 (5)
 2015年08月 (6)
 2015年07月 (3)
 2015年06月 (4)
 2015年05月 (8)
 2015年04月 (6)
 2015年03月 (3)
 2015年02月 (4)
 2015年01月 (5)
 2014年12月 (5)
 2014年11月 (4)
 2014年10月 (6)
 2014年09月 (4)
 2014年08月 (6)
 2014年07月 (4)
 2014年06月 (6)
 2014年05月 (12)
 2014年04月 (10)
 2014年03月 (9)
 2014年02月 (7)
 2014年01月 (11)
 2013年12月 (5)
 2013年11月 (4)
 2013年10月 (5)
 2013年09月 (1)
 2013年08月 (4)
 2013年07月 (4)
 2013年06月 (7)
 2013年05月 (6)
 2013年04月 (10)
 2013年03月 (11)
 2013年02月 (8)
 2013年01月 (5)
 2012年12月 (7)
 2012年11月 (4)
 2012年10月 (4)
 2012年09月 (4)
 2012年08月 (5)
 2012年07月 (10)
 2012年06月 (10)
 2012年05月 (9)
 2012年04月 (7)
 2012年03月 (7)
 2012年02月 (28)
 2012年01月 (16)
 2011年12月 (8)
 2011年11月 (4)
 2011年10月 (10)
 2011年09月 (8)
 2011年08月 (8)
 2011年07月 (7)
 2011年06月 (11)
 2011年05月 (10)
 2011年04月 (8)
 2011年03月 (7)
 2011年02月 (4)
 2011年01月 (11)
 2010年12月 (10)
 2010年11月 (7)
 2010年10月 (14)
 2010年09月 (15)
 2010年08月 (9)
 2010年07月 (13)
 2010年06月 (7)
 2010年05月 (8)
 2010年04月 (6)
 2010年03月 (3)
 2010年02月 (1)
 2010年01月 (2)
 2009年12月 (1)
 2009年11月 (2)
 2009年10月 (2)
 2009年09月 (2)
 2009年08月 (2)
 2009年07月 (2)
 2009年06月 (1)
 2009年05月 (2)
 2009年03月 (1)
 2009年02月 (1)
 2008年12月 (1)
 2008年11月 (1)
 2008年10月 (1)
最近のコメント(TOP10)
リンク



鉄道コム

鉄道ホビダス



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!

ブログ記事検索
 
 
お天気情報
狩勝隧道は芸術館
2014年3月9日 21:40
本日は知人の芸術家とご一緒させていただき、
狩勝隧道へ行ってきました。

狩勝隧道は根室本線旧線の狩勝信号場〜新内間にあり
全長は954mで明治40年の開通時から昭和41年の新線切替まで
使用されていて、現在は廃線から48年もたっていて
内部は崩落しており、通り抜けはできなくなっています。

そんなトンネル内部は現役時代からトンネル内天井や壁面からの漏水で、
冬季は大きなツララが出来て列車の往来障害になることから
保線員によるツララ除去作業などが有名だった場所でもあります。

現在でも漏水は多く冬になれば大きな氷筍ができるということで
それらの形態がかなり芸術性があるということです。


さてカンジキを履いて狩勝トンネルの落合側(狩勝信号場側)前です。
多いところで2mくらいは積もっているでしょうか。
早速内部へ侵入します。



入口付近は小さな氷筍だったのですが、
奥へ行くとどんどん大きくなってきました。
ちなみにですが、さすが3月とあってトンネル内部は暖かく
この気温で氷筍などあるのか?と思うほどでした。

人間との比較でわかるとおり、さほど大きいものではありません。
でも形がいいです。



落合側からの最深部(崩落地点)です。
上に大きな岩盤が落ちてきています。その前は水が流れながら凍ったようで
氷の滝のようになっていました。圧巻です

以前より崩落具合がひどくなってきているように思えます。
夏は多少の隙間があり、風が通っていたのですが、
この氷で遮断されたのか洞内は無風でした。




芸術写真も撮影できたようで、2時間ばかりで撤収です。
国道に戻り、今いた狩勝トンネルの入口を望みます。
上には狩勝峠が見えます。久々に来ましたがきれいです。



反対側の狩勝信号場の冬の景色です。
バックの山はなかなかきれいで、日本八景の十勝側もいいですが、
これはこれでかなり圧巻だと思います。

(10) 
posted by トロッコ整備員 | 21:40 | 整備員の1日 | comments(0) |
いよいよ明日から「狩勝峠 鉄道写真展」開催です
2014年2月7日 20:59
準備を進めてきた「狩勝峠 鉄道写真展」が明日から開催されます。

本日はその準備をしに帯広百年記念館に行ってきました。

がっ!

その前に新内駅にあるトロッコ格納庫の屋根の雪下ろしが先です!



毎年恒例? になりましたが、せめて一回は下ろさないと不安です。
いい具合に積もっています。



トンネルもですが、こちらは積もっている面積が狭いのと
接合部の強化で大丈夫だということに。



道路からすこし距離がるのでカンジキはいてはしご掛けいざっ!



奥田氏と二人いたので30分でご覧の通り。
これで一安心です。

さて写真展の準備ですが、その前に腹ごしらえ。



十勝清水の「いちまる」(ローカルなスーパー)に入っている
「ひまわり」(ローカルなファミレス)に寄ります。
本日のメニューは「牛玉とじ丼」(680円)です。
これはおいしかったですよ。是非お試しあれ。


さていよいよ写真展の準備です。



今回はパネルを新調しました。
42枚分の製作でアクリル板のカット、板のカットで筋肉痛に
以前より見た目はだいぶよくなったと思いますが、
いろいろケチったせいで湾曲してしまう欠点があります。
いずれ修復したいと思います。



帯広百年記念館にて設置完了。
立体地図も設置でき、いい雰囲気です。



勝毎の取材を受けました。記者の方が若い世代のせいか
狩勝峠や根室本線の説明にちょっとだけ時間がかかりました。
この意外と知られていないということが、
この写真展を行う意味があると思ったりもします。

さて明日から開催で、3月2日まで行っています。
是非ご覧ください。


(6) 
posted by トロッコ整備員 | 20:59 | 整備員の1日 | comments(0) |
焼肉平和園のSLを見に!
2014年1月13日 21:24
過去の写真をいろいろ探しているうちに発見!



北海道士幌町にある焼肉「平和園」の庭先にあるSLです。
場所は士幌線で言うと武儀駅と中士幌駅の間でしょうか?
国道241号線沿いにあります。
詳しくはHPで。 平和園 士幌店

これは2006年3月16日の撮影で、撮影からすでに8年近くたっています。



上の写真とこの写真の二枚しか撮影しておらず、
駅名表も立っていて士幌と帯広になっているほか
駅名もワンダーハウスになっています。
しかもSLの形式もD5171です。
現在となっては駆動方式や軌間、レールなど気になる部分があるので
本日、お昼ご飯ついでに行ってきました。




さて現在はどうなっているのか?


ばーん!
ピンク一色になっていました。



まず線路から。残念ながら今年はまだ積雪が少ないとはいえ
ほとんど見えません。しかし車止めがあるほかレールも9kgぐらいという感じです。



前回は足を踏み入れなかったホームへ行くとなんと客車がありました。
こちらもピンクに塗られていました。



車体そのものは色以外は特に変化無いようですが、
動輪らしきものは3つしか無いように見えます。
第三動輪らしきものまでロッドがあったのでしょうか?
車輪からピンが突き出ています。



エンジン部分です。駆動方式などまでは見えずでした。
それよりも風が強く、気温も氷点下7度くらいではやく撤収したくなっています。



最後にホーム側からの全体像です。
ものさしを忘れてしまったので軌間を計ることができませんでしたが
レールの間におかれた長さ390mmのブロックがすっぽり入っているので、
450mmぐらいと想定しています。

実際に走るのかどうか、おなかがいっぱいになった後で見学したので
なにも聞かずに帰ってきました。
寒いのでまた雪がとけてから行きたいと思います。


(9) 
posted by トロッコ整備員 | 21:24 | 整備員の1日 | comments(0) |
国鉄クハ111を観察
2014年1月9日 21:18
狩勝高原エコトロッコ鉄道モデルトレインの新規製作は
クハ111をモデルにすることになりましたが、
やはり時代は国鉄時代。
JR化後は黒色のHゴムなど、細部が変わっていますので
細かい部分にこだわると昔の写真を参考にするのが一番だと思います。
当時の写真を参考にしようと思い、
自分のアルバムから昔の写真を探しました。



東海道本線 吉原−富士間 潤井川付近です。
やっぱりヘッドライトは大きいのがよさそうですね。
車体にジャンパ栓受があり、ジャンパ線もあるタイプで
幌も付いているイメージ。



東海道本線 新橋駅にて
ヘッドライトが大きく、幌なしですが、車体にジャンパ栓受付。



同じく東海道本線 吉原−富士間 潤井川付近。
車体にジャンパ栓受が無いタイプ。
なんかかなり接近して撮影した様子ですね。
70年代は許された時代だったのでしょう。



こちらは湖西線。
シールドビームにクーラー付で幌無し。
ガラッとイメージが変わりますね。
車体のジャンパ栓受もだいぶ変わっています。
タイフォンは扉付でこれもイメージが変わりますね。
どっちが作りやすいかなやましいですが、
やはり東海道本線が優先かと思います。



東海道本線ですが、よく覚えていません。大森かな?
関係ないですが、後ろの方にスカ色が混じっていて
グリーン車にグリーンの帯がありますね。
シールドビームで、幌付。

やっぱりヘッドライトは大きい方が個人的には好きです。
幌もあったほうがよさそうですが、これを作るとなると結構大変そう。
ジャンパ栓受も無いほうがすっきりしている感じがあります。





写真を探していて、隅っこに軌道自転車が写りこんでいるのを発見。
飯田線の伊那松島で撮影したものですが、
泥除けがカクカクしていますし、かなりな部分まで覆っています。
今回の種車と比べるとエンジンが反対側についています。
いろいろなタイプがあるものですね。エンジンも黄色に塗られています。
エンジンそのものは今回の種車についているのと同じ感じです。




伊達紋別だと思うのですが、自信がありません。
これははっきり軌道自転車にカメラを向けています。
かなりシンプルな泥除けで、エンジンの付いている方向が同じです。
しかし、エンジンが大きいのかイスの後ろのパイプが水平に延びて
エンジンを避けています。イスについているバネも古いタイプ。
ブレーキのペダルが手前に見えないのでエンジンと反対側に
ついている可能性があり、これは今回の種車と同じですね。


横道にそれましたが、クハ111の全面タイプを製作技量の範囲で
決めて行きたいと思います。



(3) 
posted by トロッコ整備員 | 21:18 | 整備員の1日 | comments(0) |
Nゲージ 分岐器の選択
2013年12月4日 20:00
前回の続きです。
Nゲージ狩勝信号場のジオラマ設計での分岐器の選択です。
自作できればこんな悩みは無いですが、もともと軌間の縮尺はあっていないので、
クロッシング部やトングレール等でNゲージのフランジを考慮すると
とても正縮尺とはいかないので初めからあきらめてしまう部分です。

で、購入しようとするとはたして「どれがいいのか?」です。
信号場内は8番分岐器ということは聞いているので、
実物の寸法をから購入する分岐器を決めたいと思っています。



一番上から、実物の寸法図、PECOのN 大型ポイント、同じく中型ポイントです。
トングレール先端を基本に線を引いてみました。
なんと!実物はちょうど中間に位置しています。
これは困りました。

次なる比較は、分岐角度です。
実物→約8度 大型ポイント→10度、中型ポイント→14度
中型ポイントは開きすぎです。これは大型ポイントが優勢。

Nゲージの場合、フランジの接触を避けるため(だと思いますが)か
トングレールがやたらと長いです。
トングレールの長さだけでみたら、中型も大型もそう変わりません。

思い切って大型ポイントで行くことにします。




さて次はレールです。
狩勝信号場の現役当時この区間は37kgレールでしたので、
このレールの縦寸法からレールを選択したいと思います。

なんと高さは122mmです。ということはNゲージにすると1mmありません!
枕木の付いた線路で高さが1mm以下の線路など売っていないです。



コード55で1.4mm、コード80が2mm。
これはもうコード55しかありません。

前回の製作で、PECO Nファインが良かったので
悩むほどでもないですが、数値でみるとこんな感じなんですね。


ちなみにレール単体でコード40というのがありますが、
これでも1mmの高さです。
さらに、50 kgNレールでも153mmですから
2mmというのは相当なオーバースケールになっているようです。
しかしそこは模型。それなりに見えればOKということで。


これで、線路と分岐器の検証は終了です。
分岐器の全長の違いで正縮尺ではあわない部分がでてきますので
これをうまい具合にごまかしてデフォルメして
作って行こうと思います。


(7) 
posted by トロッコ整備員 | 20:00 | 整備員の1日 | comments(2) |

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11