ブログカレンダー
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新の記事(TOP10)
 トロッコ車庫の雪下ろし (2/1)
 【瀬棚線資料室】を見学してきました (11/11)
 今季の営業は終了しました。ありがとうございました! (11/6)
 週末は陸別がおすすめ! (9/17)
 そうだ!幸福駅に行こう! (7/26)
 鉄道アイドル「木村裕子さん」エコトロッコに! (7/21)
 国道38号狩勝峠5合目にビュースポット誕生! (6/26)
 エコトロッコも平成から令和へ (4/30)
 GWの計画は決まりましたか? (4/24)
 本年の開業日まであと一週間です (4/21)
カテゴリ
 今日の出来事 (44)
 整備員の1日 (51)
 お知らせ (39)
 エコトロッコ (296)
 風花 (79)
 整備員のアルバムから (42)
 エコトロッコ車両製作 (44)
アーカイブス
 2020年02月 (1)
 2019年11月 (2)
 2019年09月 (1)
 2019年07月 (2)
 2019年06月 (1)
 2019年04月 (4)
 2018年09月 (1)
 2018年08月 (1)
 2018年07月 (1)
 2018年06月 (1)
 2018年01月 (3)
 2017年12月 (1)
 2017年11月 (2)
 2017年09月 (1)
 2017年08月 (2)
 2017年07月 (1)
 2017年06月 (1)
 2017年05月 (5)
 2017年04月 (2)
 2017年03月 (1)
 2017年02月 (2)
 2017年01月 (1)
 2016年12月 (1)
 2016年09月 (3)
 2016年08月 (3)
 2016年07月 (4)
 2016年06月 (1)
 2016年05月 (6)
 2016年04月 (2)
 2016年03月 (6)
 2016年02月 (6)
 2016年01月 (2)
 2015年12月 (1)
 2015年11月 (1)
 2015年10月 (3)
 2015年09月 (5)
 2015年08月 (6)
 2015年07月 (3)
 2015年06月 (4)
 2015年05月 (8)
 2015年04月 (6)
 2015年03月 (3)
 2015年02月 (4)
 2015年01月 (5)
 2014年12月 (5)
 2014年11月 (4)
 2014年10月 (6)
 2014年09月 (4)
 2014年08月 (6)
 2014年07月 (4)
 2014年06月 (6)
 2014年05月 (12)
 2014年04月 (10)
 2014年03月 (9)
 2014年02月 (7)
 2014年01月 (11)
 2013年12月 (5)
 2013年11月 (4)
 2013年10月 (5)
 2013年09月 (1)
 2013年08月 (4)
 2013年07月 (4)
 2013年06月 (7)
 2013年05月 (6)
 2013年04月 (10)
 2013年03月 (11)
 2013年02月 (8)
 2013年01月 (5)
 2012年12月 (7)
 2012年11月 (4)
 2012年10月 (4)
 2012年09月 (4)
 2012年08月 (5)
 2012年07月 (10)
 2012年06月 (10)
 2012年05月 (9)
 2012年04月 (7)
 2012年03月 (7)
 2012年02月 (28)
 2012年01月 (16)
 2011年12月 (8)
 2011年11月 (4)
 2011年10月 (10)
 2011年09月 (8)
 2011年08月 (8)
 2011年07月 (7)
 2011年06月 (11)
 2011年05月 (10)
 2011年04月 (8)
 2011年03月 (7)
 2011年02月 (4)
 2011年01月 (11)
 2010年12月 (10)
 2010年11月 (7)
 2010年10月 (14)
 2010年09月 (15)
 2010年08月 (9)
 2010年07月 (13)
 2010年06月 (7)
 2010年05月 (8)
 2010年04月 (6)
 2010年03月 (3)
 2010年02月 (1)
 2010年01月 (2)
 2009年12月 (1)
 2009年11月 (2)
 2009年10月 (2)
 2009年09月 (2)
 2009年08月 (2)
 2009年07月 (2)
 2009年06月 (1)
 2009年05月 (2)
 2009年03月 (1)
 2009年02月 (1)
 2008年12月 (1)
 2008年11月 (1)
 2008年10月 (1)
最近のコメント(TOP10)
リンク



鉄道コム

鉄道ホビダス



人気ブログランキングへ

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



札幌の格安レンタカーなら札幌レンタリース。
中長期のレンタカーなら断然格安です!

ブログ記事検索
 
 
お天気情報
エコトロッコ車両製作 No.2-002
2013年7月19日 19:26
狩勝高原エコトロッコ車両製作です。
屋根付車両製作の2回目です。

今回はもっとしっかりしたフレームの製作です。



前回でばっさりと切り取ったパイプのフレームを強化するために
5cmの角パイプで頑丈なフレームを追加します。
前輪のバネ部分がややこしい構造をしているので
これはこのまま生かしたままフレームを追加します。
後ろの車輪へのフレーム部分もばっさりカット。
角パイプを配置するために前回切り取った部分のパイプを利用します。



後ろの車輪部分は独立しますので、上下動するようパイプを横に溶接しました。
そしてバネ座も付けて後は組み立てるだけ。



後ろの車輪に延びているブレーキのロッドをはずそうとし、
ネジを力いっぱい回したら「ポキッ」と折れてしまいました。
さび付いていてだめですね。
ダイスでネジを作り直しています。



ブレーキロッドはほぼ全滅状態。
新しいネジを買ってきて取り替えたり。まあ大変です。



さて、ここまでいったら車輪を付けましょう。
錆が出ていたりしていたので、塗装と錆を落としました。
昨年買ったジャットタガネが役に立ちます。



後ろの車輪の錆取りをしていたら、「高島 イケ」のペイントが
浮き上がってきました。
上茶路からいただいた軌道自転車なのですが、
本当の出所は池北線の高島駅だったようです。
後ろの車輪の両方にペイントされていました。
これ以上塗装を剥すのはやめました。



まだペダル関係がありませんが、ひとまずここまで。
ハンドルももっとすっきりした形のものに変更するために取り外しました。
転がりも良好です。バネも効いてます。

次回はペダルやチェーンを付けます。
まだまだ形は見えてきませんが、お楽しみに。
(6) 
posted by トロッコ整備員 | 19:26 | エコトロッコ車両製作 | comments(0) |
エコトロッコ車両製作 No.2-001
2013年7月11日 20:01
狩勝高原エコトロッコ車両製作です。

でも電車ではありません。電車よりも優先順位が高くなってしまいました。
以前からあったほうがいいとみんなで言っていた
雨の日でもカッパ無しで乗れる「屋根付トロッコ」を製作中です。



今回は新規製作ではなく古いトロッコを改造して製作します。
種車はもちろん上茶路からいただいた元エンジン付タイプです。
上の写真では右側のトロッコになります。
完成するとどのような感じになるかはお楽しみ。

さて、製作と言っても物は長年雨ざらしになっていたもの。
破損している箇所は無いかなどまず動くという条件が先です。
今回整備するトロッコは上茶路時代の1990年に実際に乗車していますが、
あれから23年が過ぎ、その間風雨にさらされてあったかと思うと
そうとうに痛んでいると思われます。


2日かけて塗装を取りました。昨年購入したジェットタガネが大活躍!

5−56をたっぷり吹き付けて3日目、ようやく車輪をはずすことができました。
例によってテーパーのついた軸です。
現役時代に車輪が空回りし、その都度テーパー部分が削られ、
緩むと締めを繰り返したのでしょう、バックゲージがどんどん狭くなってきています。
そこは後でなんとかすることにして各機構をチェックします。



ブレーキの機構をチェック。
ヒビが入っているように見えたので、はずしてみると
なんと割れていました。
そこはなんとか溶接して修復。



後ろの車輪も同様に外れました。
よく見ると今までのエンジン付トロッコには無かった表記が。
クラッチでもついていたのでしょうか?
レバーかなにかがあったようですが、すでになくなっているようです。
足漕ぎ専用になりますから特に必要はないので無視します。



これは前の車輪です。このタイプは後ろの車輪よりも
前の車輪の方が大きいです。
しかし電車製作の時とちがい、この車輪はふたついっぺんに持ち上げることが可能です。



今回は乗り降りのしやすさを考え、椅子の部分にあったパイプをカットしました。
フレームが弱くなりますので、角パイプで補強します。
古くなっていてペダル部分も使い物にならなかったので
大改造になってしまいました。
ペダルは雑品行きの自転車を2台もらってきたので
それから移植することにします。

次回はフレーム工作と、後ろの車輪にバネを付ける作業です。
なぜかこのタイプは後ろの車輪にバネがなく乗り心地はいまひとつだったので
今回はバネを付けてみることにしました。

また次回をお楽しみに。
(10) 
posted by トロッコ整備員 | 20:01 | エコトロッコ車両製作 | comments(2) |
エコトロッコ車両製作 No.1-012
2013年4月14日 19:30
狩勝高原エコトロッコ鉄道 車両製作の12回目です。

気がつけば営業開始日も間近になってきていますね。
営業に入れば新規車両を手がけてられる時間も少なくなってしまいます。
ということでブレーキシューよりも先に確認しておきたいことがあるので優先させました。

前回までは1軸台車に揺れ枕機構、心皿までできました。
これは今回紹介する「操舵機構」にするための前段階なのでした。
そして本日テスト走行により、操舵台車がエコトロッコの線形では
かなり有利なことが実証されました。
エコトロッコでカーブの最小半径は12m。
乗車された方ならご存知かもしれませんが、タブレットを掛けた後分岐して行った後、
カーブで上り坂となり漕ぐのが少々きつかったと思います。

新規車両ではモーター駆動のために、この半径12mの上り坂+急カーブで
力が出せるか不安です。モーターを助けるためにはカーブでの摩擦を軽減できればと思い、
今回の車両では「操舵機構」により、よりスムーズな曲線の通過を考え、
「1軸操舵台車」の開発を行ってきました。




これは操舵のリンク機構です。
例によって床下のスペースが狭いために苦しい配置です。
自分自身もこのような経験が無いために、レールバス(ハイモ180形)のリンク機構を参考にしました。




反対側のリンク機構の様子です。
向こう側とつながっているのがわかると思います。




完成すれば電動のアクチュエーターを動力にして操舵しますが、
今回はテスト走行ですので、手動で操舵します。
そのために操舵用のレバーを付けました。
完成すれば、電子工作のエキスパート奥田駅長により、線路上にセンサーを置いて
コンピュータ制御により曲線にあわせて操舵します。 (すごいなぁ




カーブに置いてみてレバーを操作するとこのように台車がカーブの方向に首を振ります。




カーブの線路も仮ですが、半径5mというありえないほどのカーブを作りました。
以前のように、30mm×30mmのアングル材と垂木で仮のレールを作りカーブさせました。


今回は動画があります。操舵している様子がわかると思います。
揺れ枕機構も動いています。



これで走行系の設計はほぼ終わりに近づいてきました。
今年の営業期間中にできるかぎり製作していきたいと思います。
秋にはデビューできるといいですね。
また次回をお楽しみに。
(12) 
posted by トロッコ整備員 | 19:30 | エコトロッコ車両製作 | comments(0) |
エコトロッコ車両製作 No.1-011
2013年4月9日 21:04
狩勝高原エコトロッコ鉄道 車両製作の11回目です。

いよいよ台車も最終段階に来ています。
最新の状態はこちらです。



黒に塗装をしました。



まず錆止めから塗りました。灰色です。
このまま使えばJR東海だ!なんて思ったり。
でもやはり台車は黒。ですね。



1日待って乾燥後黒へ塗りました。
今回コンプレッサーを使い吹き付け塗装をしてみました。
模型では良くやる吹き付け塗装も、大きいものは使用する量など
検討がつかないのですが、これによりいい勉強になりました。



減速機構も外側だけ黒へ。
久々にバラバラになって、車輪が購入時の姿になりました。
そろそろこれも見納めですね。




上心皿です。
ホームセンターにいっていろいろ物色して見つけたものですが、
水道管に使うものです。異型ソケットとソケットですが、
これがまたうまい具合に上心皿と下心皿にばっちりでした。

短く切って分厚い鉄板に溶接して付けました。



下心皿です。これも短く切って溶接しました。
土台は6mm厚で出来た、上揺れ枕です。

「揺れ枕」?
そうです。こんな小さな車両に無意味かもしれません。
でも概念を同じにすることで、いろいろと勉強になります。



そして下揺れ枕。
真ん中を車軸が通るので横方向の強度が少ないですが、
チカラは縦方向なので大丈夫でしょう。
アングル材を折り曲げて作ってみました。

一番上の写真が揺れ枕組み込み後なので、
もう一度良く見るとわかるかもしれません。



車体枠と合体。
最初は心皿部分も2×6材でしたが、強度不足でしたので
急遽、角パイプへ変更しました。
なかなか調子いいです。揺れ枕機構も順調です。←こだわりです。

車体は先日の豪雨予報が出たときに、分解して室内に収納しました。
しまいこんでよかったです。風と雨がひどかったです。
あのままの屋根しかないような場所では横から吹き付けられて
ばらばらになってしまったに違いありません。
なにしろ木工用ボンドで接着されていますので。


さて次はブレーキシューです。
次回をお楽しみに。

(7) 
posted by トロッコ整備員 | 21:04 | エコトロッコ車両製作 | comments(0) |
エコトロッコ車両製作 No.1-010
2013年4月5日 23:09
狩勝高原エコトロッコ鉄道 車両製作の10回目です。

今回は車体の製作状況をお伝えします。
製作状況といっても現在各種寸法などを出すためのモックアップです。


すこし前までの状態はこれです。国鉄の103系をモデルにしています。

車種の選択には悩みました。
前面は実物の約2分の1サイズになるのと、現在のトロッコの線路などの状態により
縦横の寸法の比が実物どおりにできないことなどなどが条件になります。
なので、貫通扉が前面にあるタイプなどは運転台に座った際、
前面窓が小さく貫通扉が邪魔になり視界が妨げられてしまいます。

この条件でも視界良好なのがこの103系でした。
車体も複雑な曲線もなく、未熟物には作りやすい車両ということで採用しました。




モックアップなので簡単に、ベニア板をカッターで切って作ります。
ベニア板も1820×910サイズですので2枚を切りつないで作っていきます。
テールライトはサイズが大きく違いますが、
それらしく作るのも面倒なので、実物のものを使います。



どんどん家の中で箱の状態に組み上げていきます。
勢いで乗務員扉も作ってみました。



乗務員扉の窓にはカッティングシートから切り出した「乗務員室」のシールを張って
それらしく仕上げました。
扉も開け閉めできます。
モックアップだからそこまでしなくてもいいのでは?
はい。そのとおりです。しかし勢いというものが.....



運転席の座席は資料館を改装したときに出た、ナハネ20の通路の折りたたみ式座席です。
使えるものは使いましょう。



前回までの台車と合体!
全長は2メートル。幅は1.5メートル。小さい。サイコロみたいだ!
でも前面は103系にみえませんか?

本番はこれを鉄で作っていきます。
現在はこれも実物のマスコンを付けて試験走行しています。

モックアップとしては塗装ぐらいまで行いたいと思っています。
もちろんウグイス色になります。
(12) 
posted by トロッコ整備員 | 23:09 | エコトロッコ車両製作 | comments(2) |

ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9